2006年09月22日

Shoulder Buttでうまうま角煮☆おうちブッチャー

豚の角煮


一年前からこのブログを読んでいるはずの友達に、
「人気ブログランキングってどこクリックすればいいの?」といまさら聞かれたよ。
なので、記事トップにバナーを貼ってみました。
もしよかったらクリックしてやってください。



さてさて、アメリカ主婦生活でとまどうこと、いろいろあれど、
結構上位に位置するのではないかと思われるもの。。。

お肉


日本だと、薄切り、角切り、トンカツ用やら、しゃぶしゃぶ用やら、用途ごとに丁寧に準備されたお肉が売られてましたよねえ。

アメリカのスーパーでは薄切り肉は当然のごとく売ってません。
ということで、薄切りのお肉は日系のスーパーで買うほかなし。
でも、そうもいってられないので、家ではおうちブッチャーしています。
なんてことはない、塊のお肉を買って来て、適当なサイズに切って冷凍。
それを半解凍の状態で薄切りにして使うってだけのお話ですが。。。
おうちブッチャーの以前の記事はこちら。

そんなわが家のおうちブッチャーも、以前にくらべていろいろと進化しました。
なので、今日は、そのあたりをちょろっとご紹介しようかと思います。



まずはお肉
わたしが、買ってくるのはPork Shoulder Butt。

pork1.jpg

この日は、
1ポンドあたり$1.49(100gあたり約38円)
約5.47パウンド(約2.5kg)。
この大きさで$8.15です。

Pork Shoulder Buttの塊肉って、ぶたさんコーナーで一番安いような気がします。
広告の品で、1ポンドあたり$1.29とか、時には$0.99のときも。


あけてみるとこんな感じ。

pork8.jpg

表面はしっかりと分厚い脂身で覆われています。
そんでもって、大きい塊のときはたいてい骨入り。


買って来たらすぐにお肉解体作業。

pork2.jpg


緑は、脂身がたっぷりとついた部分。
青は、赤みが多い部分。
ピンクは、骨が入っている部分。

こんな感じに切り分けます。
その日のうちに使わないものは個別にラップにつつんで冷凍。
赤身の多いところはミンチにしたりすることもあります。
脂身が適度に入っているところは薄切りにして豚コマっぽく使います。


以前はこの解体作業が結構大変でした。
なんでかっていうとね、
大きな脂身の部分を取り除いたり、骨を取り外したりしてたんですよ。

わたしってなんておばかだったんでしょう。。。


ある日、ふと気がついたんです。
分厚い脂肪部分を見て。




これって、バラ肉じゃん。

pork9.jpg

バラ肉はおなか周りの脂肪層が厚い部分。
Shoulder Buttは肩肉で、運動量が多いので赤みが多いお肉です。
でも、そんな肩でもやっぱり表面にはしっかりと脂肪がついている訳で、脂肪の周りのお肉は白っぽくてやわらか。まさにバラ肉。


ならばやっぱり、、、


豚の角煮ぴかぴか(新しい)



pork5.jpg

とろとろに煮込むとまったく臭みもないし、めちゃめちゃおいしい〜。
そんでもって、コラーゲンの塊です。
それをわたし、、、以前は捨てちゃってたんですよ。
なんて、おばかだったのかしら。


さて、もうひとつ、おうちブッチャーを手こずらせる、骨の部分。
わたしはこれも一緒に角煮にしています。

pork3.jpg pork6.jpg

骨付き部分と脂身の多い部分をお鍋で水からゆでて、角煮の下ごしらえ。
生のお肉のときに骨から肉を外すのは、時間もかかるしお肉も傷むし本当に大変。
でも、しっかりゆであがってさました後のお肉はするっと骨から外れます。
それを適当なサイズに切って角煮にするのです。


アメリカ人はぶよぶよの脂身部分が嫌いみたいです。
なので、コラーゲンたっぷりの脂身部分はわたしがいただいて、骨周りの赤身の部分の角煮は相方用。
手間も無駄も減って、しかもおいしい。
もしも、塊肉解体でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ御試しください。

おうちブッチャーネタ、明日も続きます。
ブログランキング参加中ひらめき人気blogランキングへ
上でクリックし忘れた方、どうぞクリックしてお帰りください。
2006年09月23日

ポーク塊肉大活用☆おうちブッチャー

今日は昨日に引き続き、おうちブッチャー
そう、大きな塊肉を解体して、使い分けしちゃうあれですね。
昨日の記事をご覧になっていない方はこちら。

ポーク塊肉活用おうちブッチャー


こんなふうに解体した塊肉は、ひとつずつラップにくるんで冷凍庫へ。
お肉によって、いろいろと使い分けをします。


では、まずは、、、ミンチ!

pork12.jpg pork11.jpg

ミンチは、赤身の多い部分を使うと、脂身が少ないミンチができます。
一番上の写真の青い丸の塊。

冷蔵庫で半解凍させてからフードプロセッサーにかけるのがベスト。
でもね、お時間がないときはやっぱり電子レンジですよね。
使う量、お肉の大きさにもよりますが、電子レンジの解凍ボタンで10〜20秒くらい。
あまり長い時間をかけると肉汁が出てくるので注意。
柔らかくなった部分を切ってフードプロセッサーにかけます。


そんでもって、豚コマ!

pork13.jpg
(早朝の暗いキッチンで撮影したので写真が暗いです。)

以前に豚コマのことを書いたときは、ネットで調べた丁寧な方法を紹介したのですが、今はやっぱり電子レンジ。
解凍ボタンで10〜20秒。
表面1ミリくらいが柔らかくなったらオッケー。
表面のお肉をそいでいくように切ります。
かなり薄く、きれいに切ることができますよ。


最後は豚バラ薄切り!

pork14.jpg pork15.jpg

これは、もちろん、脂肪の厚い部分。
昨日角煮にしちゃったところです。

脂身が多いので電子レンジは使わない方がいいかも。
使うならほんの少しだけ。
脂身は水分がないので、結構切りやすいです。

↑みためどうですか。バラ肉ですよね。
これでお好み焼きだって大丈夫!


この他にもシチューやカレー用に、角切りにしちゃえばいいし、
中華なんかで細切りにすることもあるし、
場面場面に応じて、使い分けてください。

さてさて、ポーク塊肉第活用いかがだったでしょうか。
Loin(ロース)の塊肉を使えば、もっときめの細かで柔らかい薄切り肉もできます。
また、トンカツ用に好きなサイズに切り分けるなんてこともできて便利ですよ。

ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
La dolce vita 〜亜米利加版〜のたえさんのこのステーキも牛の塊肉からカットしたんだって。牛肉でもいろいろできそうですね。
2006年09月29日

門外不出のリサイクルレシピ?☆骨付きもも肉徹底活用

骨つき鶏もも肉徹底活用


蒸し器をつかわない「茶碗茹で」にたくさんコメントをいただき、
ありがとうございました。
ためになるコメントがたくさん。
なのでちょっと紹介したいと思います。

Kiri's Kitchen Kiriさんより
おだしを取ったときに残った椎茸を入れるとおいしいですよ。
↑おだしをわざわざとると考えるからめんどくさいんだね。
干し椎茸でだしもとってそのままいれちゃえばおいしくて簡単!

えりぼのさんより
私は余熱で調理してます。
しいたけもどし汁+しいたけ+カニ缶+こねぎの組み合わせが好きです。

↑沸騰した後は、火を止めて余熱で調理してもいいみたいです。
火が強いと「す」が入ってしまうのでこれなら失敗しませんよね。
温度が心配だったらバスタオルでくるむといいかも、と思ったのでした。
「しいたけもどし汁+しいたけ+カニ缶+こねぎ」の組み合わせもおいしそう。

お名前がないけどきっとCalifornia Kitchen のChicoさんより(違ってたらごめんね。)
私はプリンを作る時に、蒸すのが面倒だと思ったらもこの茹で方法を採用しております。プリンも簡単にできて良いですよっ☆
↑プリンでもできるそうです。これは挑戦せねばっ!



ってことで、みなさまからの茶碗茹で報告おまちしていますので、
おもしろい茶碗蒸しのアイデアがあったらコメントしてください。



さてさて、先日、うちのおうちブッチャーについてご紹介してみました。
おうちブッチャー1 おうちブッチャー2
わが家流のお恥ずかしい手法ながら、みなさんに喜んでいただいて、とてもうれしかったです。

なので、調子に乗って、今日は、、、

鶏もも骨付き肉

これも、日本とアメリカとで大きく違うお肉事情ですよね。
前にもかきましたけど、スーパーで売っているもも肉(Thigh)、胸肉(Breast)って、骨なし(Boneless)と書いてない限り骨付き。

骨付きと骨なしだと、1パウンドあたり50セントくらい価格が違うし、
骨なしのパックはめったにセールにならないのに比べて、骨付きはファミリーパックで1パウンド99セントなんて破格値。
ってことで、うちはいつも骨付き。

でも、骨付きって骨外すのめんどくさい。
以前は、買って来た日に、骨をせっせと外してました。
これが結構たいへん。
骨に残ったお肉がもったいないからなんとかきれいにはずそうとするんだけど、
まじ疲れる。
残った骨で、チキンスープをつくるんだけど、灰汁が出まくるし。


ってことで、日々楽な方法を模索。
ちょっとずつ進化してきたわが家の骨付きもも肉処理法。
今日は、お恥ずかしながら紹介してみようかと思います。


chicken.jpg

まず、骨付きもも肉を買って来たら、その日のうちに個別にラップにくるんで冷凍。
ここでは切ったりとかはなし。
骨をはずす作業は時間がかかるので、先延ばしにしちゃうでしょ。
それよりは、一刻もはやく冷凍した方がいいと思うんだよね。
(単純にめんどくさい)

chicken2.jpg

お料理をするときは、冷蔵庫で自然解凍が基本、、、
ですが、わたしは、電子レンジ解凍ボタン(またでたよ)。
一気にかけてはいけません。10秒おきくらいにあけて、表裏をひっくりかえしながら解凍状況を確認します。3、4回繰り返すとカチカチだったお肉の表面がやわらかくなります。
そこでストップ。あくまで半解凍。


chickenbone2.jpg

お肉だけを使う料理のときは、骨をはずします。
時間をかけないで適当にはずしちゃう。
お肉がところどころ残ったままでオッケー。
外した骨はお肉を包んでいたラップに包み直して、ジップロックへ。
お料理をするたびに、骨用ジップロックに骨がたまっていくんだな。




で、たまった骨をどうするか。


ここで、、、門外不出のリサイクルレシピ


何故、門外不出か、、、
なぜならとっても見た目が悪くって、人様にはお出しできないから。
こんなのブログに書いていいのかな〜。と疑問すらよぎります。

chickenbone3.jpg

<作り方>
骨を塩で軽くもんで、ブロイラーで焼く。
ブロイラーって何?という方はこちらをどうぞ。

↑これだけ。
だいたいレシピと呼べるのか?
強いてポイントを挙げるなら、おいしいお塩を使うこと?
Sea Saltなんかつかってみます。

そしてできたのが↑一番上の写真だね。
これね、、、
今こうやって書いてるだけでよだれがでちゃうくらい、


めちゃめちゃうまいです(キッパリ)


ほら、魚のあら炊きとかだって、見た目悪いけど、骨の周りにうっすらついた部分ってめちゃめちゃうまいでしょ。
はっきりいって、無言になります。
ビールのおつまみにぴったりだろうな〜(飲まないけど)。

chickenbone5.jpg

まだもも肉のときはかわいいかも。
胸肉っの骨ってさらにみためが悪い。↑胸肉も焼いたときの写真。
でも、骨付き胸肉を買って骨をはずすと1/3くらいが骨なんだよね。
しかも、胸肉の周りはいろんな軟骨があってさらにおいしい。
でも、この骨の山を無言で処理していく夫婦の食卓。。。


ホラーです。。。


このブログの読者の素敵な奥様達は、ご主人に鶏の骨なんかださないよね。
いやいやわたしもいつも骨を出してる訳じゃないよ。

chickenbone4.jpg


やっぱり見た目が悪いので、そうそう食卓にはのせられない。
自分はおやつ代わりにちょろっとかじって(だっておいしいんだもん。)、のこりは骨と肉に分解。
左がお肉。結構とれます。
塩味が聞いているので、何にでもちょろっといれるのに便利な鶏肉フレーク。
チャーハンにいれてもいいし、スクランブルエッグ、ビーンズなんかと一緒にトルティアで巻いてもおいしい。茶碗茹でにもぴったり。

そんでもって、残った骨。。。
これで、チキンスープを作ります。
生の骨からつくると、骨から血がたくさん出て来て灰汁だらけでたいへんだったけど、
一度火を通してるから、灰汁取りの手間なし。
↑の量では少ないので、またまた冷凍庫に放り込んでおいて、
たまってきたところでがつんとチキンスープ。
まじうまいっす。

さてさて、わが家流骨付きもも肉活用法。
いかがだったでしょうか。
みなさんのお家ではどんなふうに処理されていますか。
どしどしコメントをお待ちしています。
骨付きもも肉徹底活用はあしたも続きます。

ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!

昨日、最近オレンジカウンティに引っ越してこられたりりこさんからこんなコメントをもらいました。
記事とは全く関係ないのですが、food network(http://www.foodtv.ca/)という番組を観たいですが、これはTVで観られる番組なのですよね?一応、ケーブルTVなのですが、どうしても見つけだすことができません。何か特別な契約などが必要なのでしょうか?もしもご存知でしたら、教えていただけると嬉しいです。
↑お答えしたいんですけど、わたしさっぱり分かりません。
ごめんね、りりこさん。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、コメントをお待ちしています。
2006年09月30日

豪華な?骨付き唐揚げ☆骨付きもも肉徹底活用

↓昨日と同じ写真に見えるけど、違うんだよっ!

chickenbone11.jpg

↑絵面が昨日と一緒ですみません。。。


昨日の門外不出のリサイクルレシピ?☆骨付きもも肉徹底活用
こんなくだらんことブログに書いてもいいんかい?
と思っていたのですが、意外な反響をいただきました。
骨をかじるだなんて、はしたないことをこのブログ読者の素敵な奥様たちにお勧めするのは気が引けるのですが、あえて、悪の道に引きずり込ませていただきます。
うまいっす。ぜひやってみてください。

そんでもって、ブロイラーの存在を初めて知ったというコメント、メールをいただいて、これまたびっくりいたしました。そうですねえ。1年前に書いた記事ですからねえ。そんな昔の読まないよねえ。
ひさしぶりに引っ張りだしてみてよかったよ。
ちなみに、電気式のオーブンのブロイラーは、オーブンの一番上の段を使います。
電気式のオーブンのブロイラーをご覧になりたい方はコロラド不老長寿j.elegansさんのこちらの記事をどうぞ。


さてさて、骨付きもも肉続編です。
昨日は、取り外した骨をどうするか?っというところが焦点でした。
骨がすっかりはずされて、水炊き用、親子丼用、唐揚げ用、、、なんて用途別にカットされたお肉が買えちゃう日本。
そんな日本の主婦に取って、骨はすっかり嫌われ者?

でも、よく視点を変えてみると、
「骨付き」ってとっても素敵な響きじゃありません?



例えば、骨付きソーセージ
骨付きと言われただけで、なんだかとってもジューシーな感じさえしてきます。
ソーセージを骨にくっつけてあるだけなのに、なんだかめちゃめちゃおいしそうですよね。

そんでもって、骨付きカルビ
骨がついている分お肉が少ないし、骨の周りのお肉を取り外すのもめんどくさいのに、なぜだかひかれてしまうこの言葉。。。
単なる「カルビ」と「骨付きカルビ」じゃ大人の階段3段とばしで登っちゃったくらいの違いがありませんか。

そう、とってもマジックな言葉、、、


骨付きぴかぴか(新しい)



そういえば、子供の頃、「初め人間ギャートルス」の骨付きマンモス肉をみて、「おいしそ〜。」って思ったな〜(年齢ばれます)。
骨付きにひかれるのって、もしかしたら、狩りをしていた頃の原始の血が騒ぐのかも。

ってことで、うちの骨付きもも肉活用法。



骨付き唐揚げぴかぴか(新しい)




↑上の写真ですね。

唐揚げって、お弁当のおかずにぴったり。
ってことで、作るときには一度にたくさん作って冷凍します。
わが家の場合もも肉5、6枚かな〜。
となると骨も外すのが結構めんどくさい。

chickenbone10.jpg


ってことで、骨をきれいに外すなんてめんどくさいことをやめて、
こんな風にカットしてみたのでした。
両サイドのお肉は骨なし、真ん中は骨付き。
骨のない唐揚げはお弁当用に冷凍。
骨付きの唐揚げはその日の晩ご飯になります。

初めてこれを出したときね、私的には罪悪感があったのですよ。
だって、骨外すのがめんどくさかったんだもん。
でもね、これをみて相方は、、、

「骨のまわりが一番おいしいんだよ〜。」

とっても喜んでいました。
(いい人と結婚しました。。。)


ここで、注意点。
骨付き部分は火が通るのに時間がかかります。
なので、一番最初に低温でしっかりと骨付き肉をあげておいて、
他のお肉も揚げ終わったところで、高温でカラッと二度あげすべし。
(一度揚げだけだと、骨から血が出てきます。)
フライドチキンは手を使って食べますよね。
骨がついててもおかしくないので、食卓に並べても問題なし。

大量の唐揚げを作るときには豪華な?骨付き唐揚げも作ってみてはいかがでしょうか。


ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
引き続き、みなさまからの骨付きもも肉活用法を募集中。
どしどしコメントお寄せください。。。
2006年10月07日

鶏皮せんべい☆骨付きもも肉大活用

chickenskin2.jpg

ちょろっと更新をおこったっている間に、、、
カウンターが120,000を超えてました。
ってことはですよ。
第二回キリ番プレゼントのターゲット。
123,456まで後わずか!
今度こそは申告があるといいなあ。。。
と願っております。
みなさん、カウンターチェックしてくださいね。




さてさて、ご好評をいただいたおうちブッチャーシリーズ。
(シリーズだったのよ)
今日のテーマは、、、


鶏皮!


ええ、ええ、なんだか、おうちブッチャーっていうよりも、
節約リサイクルレシピみたいになってますが、
この際その辺の細かいことは忘れて。。。

骨付きもも肉ってのは、骨だけじゃなくって、皮もついてますよね。
あたりまえっちゃあたりまえ。
まあ、これは日本でもも肉を買ったときも同じ。

皮ってお料理によっては邪魔者じゃありませんか。
パスタにチキン!なんてときに、皮がべろ〜んってはいってるとあんまり見た目がよくないし、脂もたくさんでてくるし、、、
やっぱり外しちゃいます。

でも、やっぱりもったいなくてすてられないしね。
どうするかっていうと、またまた冷凍してためとくわけですね。
鶏骨ジップロックと同じく、鶏皮ジップロックにどんどん鶏皮がたまっていく。。。


そして、ある日、、、


鶏皮せんべい!



↑あれです。

鶏皮の使い道で一番に思い浮かぶのはやっぱり焼き鳥の「皮」。
でもね、あの中途半端なグミーさがいまいち、、、
そんでもって、どんな鶏皮がいちばん好きかっていうと、
ステーキなんかでじっくりと脂をおとしてぱりぱりになった鶏皮。。。

ならばってことで、鶏皮ばっかり集めて弱火でじっくり焼きます。

chickenskin1.jpg

<作り方>
鶏皮を塩で軽くもんで、ステーキパンで弱火でじっくり焼く。

↑またでたよ。塩でもむ。
こればっかり。
ってことで、おいしいお塩を使うとよろしいでしょう。

ステーキパンは、ギザギザが入っているので、
鶏皮から出る大量の脂がどんどん下に落ちていきます。
弱火でじっくりと脂が落ちるのを待ちます。

ステーキパンなんてないわ〜っていう方は
普通のフライパンで焼きながら、キッチンペーパーで脂を吸い取っていくといいのでは。
脂がはねるのでご注意を。

chickenskin3.jpg


焼きはじめの1/3くらいの大きさに縮んだ鶏皮。
脂はほとんどおちて、うまみだけがぎゅっと凝縮です。

少しさますとパリパリのおせんべいのようになります。
これねえ、

おいしいよ〜


いつも、相方には内緒でひとりで食べてます。
ほら、コラーゲンがたっぷりじゃない?
相方と半分こしてる場合じゃないでしょ。

ちょっとした飲み屋で、500円くらいはとれるね。
なんて、超せこいことを考えてみる。
多分、酒の肴にはこのうえなくあうだろうな。
(飲まないのに酒のつまみが大好きです。)
鶏皮が嫌いのかたでもおいしく食べられますよ。
ぜひお試しください。

ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
おもしろ鶏皮料理募集中。
2006年10月08日

鶏皮二段活用☆骨付きもも肉大活用

chickenskin8.jpg

さわやかな青空のサンンクレメンテからおはようございます。
昨日はとってもいいことがあったんですよ〜。
実はね、、、超ご近所に日本人のお友達ができたんです。
徒歩5分。今まで気がつかなかったのが不思議なくらいです。。。
昨日はうちでランチをご一緒しました。
やっぱりご近所のお友達はうれしい!
なんかこれからもっともっといいことがありそうな予感がする。。。



さてさて、昨日に引き続き、今日もいってみよう!

鶏皮


昨日の鶏皮せんべい、鶏皮好きのみなさんからご好評をいただいたみたいです。
みんな好きなんだね、ぱりぱりの鶏皮。


でもね、いつも鶏皮せんべいを作るたびに思ってたんですよね。
脂と一緒にうまみも流れ出しちゃってるんじゃないか、、、って。


ってことで、今日は一粒で二度おいしい鶏皮活用法。


まずは、スープぴかぴか(新しい)

chickenskin4.jpg

鶏皮でスープ?
と思ちゃうんだけど、おいしいスープがとれるんですよ。

<作り方>
ストックした鶏皮お水を張った鍋に入れて沸騰させた後、弱火にして30分から1時間くらい。

ただし、鍋一杯のスープを鶏皮だけでとろうとするとほんとに大量の鶏皮が必要。
5〜6枚の鶏皮だったらできあがりのスープの量が1〜2カップ弱くらいかな。
味見をして薄いようなら、しばらく煮詰めます。
鶏ガラや骨でスープを取るときに一緒に加えてれば、もっと効果的にスープがとれます。

できたスープを冷蔵庫にいれておくと、プルルンって煮こごり状になります。
ほらほら、これがコラーゲン。
表面に脂が浮かんで塊になっているので、そこをすててしまえば完成。
(作ってすぐに使うときには煮詰めた後に表面の脂をおたまですくってください。)

鶏皮スープで茶碗蒸し作ったらね、、、

おいしい〜
(写真ないけど。。。)




そんでもって、茹で終わった後の鶏皮。
ぶよぶよで見た目気持ち悪いのですが、これが意外においしく変身するもんです。
それが↑一番上の写真。

鶏わさ


これまた4度目登場の例の本から。

ひと月9000円の快適食生活ひと月9000円の快適食生活
魚柄 仁之助

飛鳥新社 1997-04
売り上げランキング : 99399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<作り方>
茹でた鶏皮を薄く切り、わさびと醤油であえる。

本では、胡瓜やみょうが、はならっきょうなどを刻んで加えるといい、と書いてあります。
私の場合は、ネギの刻んだのと鶏皮のみ。
これで充分おいしい。
わさびが鶏皮の臭みを取り去ってくれるんですね。
これまたちょっとした付きだしになりそうです。




ほかにも茹でた鶏皮が使えないかと考えてみたのが、こちら。

chickenskin9.jpg

鶏皮もやしナムル

もやし栽培以降、わがやのプチブームのもやしナムルに鶏皮もいれてみた。

<作り方>
塩ゆで炒めしたもやし、細切りの茹で鶏皮をごま油、おろしニンニク、醤油であえる。
(塩ゆでいため:フライパンにもやしをいれて加熱し、塩をひとつまみいれたお湯を上からかけてふたをする。仕上げにかるく水を飛ばしながら炒める。)

みためさみしいので、ネギもちょっといれてみたバージョン。
まあ鶏皮がなくてもおいしいので、鶏皮料理なのかどうかは疑問。
こちらも鶏皮の臭みはなくっておいしい。



でもね、でもね。
やっぱり茹でた鶏皮のぐにゅぐにゅ感が嫌い!って言う人もいらっしゃいますよね。


ってことで、戻ってくるのはやっぱりここ。

リサイクル鶏皮せんべい


chickenskin7.jpg


いくらしっかりとゆでても、鶏皮の脂って抜けきらないもんなんです。
なので、鶏皮せんべいと同じように、ステーキパンで焼いてやると、じんわり脂が浮いてくる。
弱火でじっくりと焼くと、オリジナルとおなじようにぱりぱりになります。
茹でてあるとしらなければ、味もオリジナルとかわらないくらいおいしい。

これなら、鶏皮のうまみをスープ+鶏皮せんべいで余すとこなく堪能できるという訳です。

鶏皮ごときにココまでせんでも、、、
でもね、ついつい捨ててしまうものがおいしく生まれ変わるって、なんだかすごいよろこびなんだよ。。。

ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
なんだかこのブログ、最近、節約レシピブログみたいになってます。。。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。