2005年09月15日

How are you doing???

中1の春にならった、アメリカの挨拶。

A:How are you?(げんきですか?)
B:Fine.Thank you. And you?(げんきです。ありがとう。あなたは?)
A:I am fine,too. (わたしもげんきです。)

こんな会話本当にあるんだろうか、、、って思わなかった?
実際はどうなのか?
中一の教科書とはちょっと違うかな。どっちかっていうと

A:How are you doing?
B:Fine.

って感じ。
"How are you?"と "How are you doing?"は会話的には同じ意味。
どこにいっても聞かれます。

例えば、ちょっとお散歩に行って、すれ違った人から、
How are you doing?

荷物の配達に来たお兄さんが、
How are you doing?

スーパーのレジで、
How are you doing?

どうやって答えればいいのか、、、超ブルーな日もFineでいいわけ???

これって会話のきっかけだったり、気軽な挨拶だったりするわけだから、たとえ、超最悪な一日だったとしても見知らぬ人に「超最悪!」って伝える必要はなく、
”Fine." または ”Fine,thanks." でオッケー。

はじめの頃、スーパーのレジで”How are you doing?”って聞かれたときには、
「この人はどういう反応を求めてるんだ?」って悩みつつ、
"ふっ、Fine.”
って答えてました。

でも、もうカリフォルニア人の "How are you doing?”攻撃に物怖じしません。
自信をもって、"Fine!" と答えます。
その後の会話はまだまだ鍛錬が必要だけど。
posted by かんさん at 02:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 主婦的考察:英語
2006年03月25日

Have a good one!


お店のレジで、
”How are you doing?"
"How are you?"
の問いかけにどぎまぎした渡米当初。


いまとなっては、「こんなの適当でいいんだな」って思うようになりました。
ってわけで、”How are you doing?"にはもう動じなくなったのですが、
その後、思考がとまってしまうことがあります。

それは、

去り際。。。


お店のレジだけにかぎらず、知り合いと立ち話をした後とか、
お友達のお家を去るときとか、、、

なんて行って去ればいいんだ。。。
と毎回思います。

相方を観察していると、
”Have a nice evening."
とか、
”Enjoy your day."
とか、
いろいろ。

時間によって、day, afternoon, evening, weekendなどなど使い分けているらしい。

これまた深く考える必要もないんだけど、
ついつい、「今言うべきなのは、dayか afternoonか eveningか、、、」
などと考えていると、タイミングを逃してしまうこともある。
(考え過ぎだよ。。。)



さてさて、銀行で順番待ちをしていたときのこと。
こういう時間はアメリカ人を観察する絶好のチャンス。
なので、わたしはどうやって話しかけて、
どうやって去っていくのか物珍しげに観察していました。

すると、ある男性が、去り際に

”Have a good one."


なんなんだそれは。。。
さっそく、相方に意味用法を確認してみました。

"Have a good one.”は、”Have a good day."などと
同じ意味で使われるらしい。
"one"は代名詞だから、day、afternoon、evening、night、weekendなどなどなんの代わりとしてもとらえられるんだね。

とっても便利じゃないか!


これならいちいち悩まなくてもすみます。
(ってもともと悩まなくてもいいんだけどね。)
去り際の一言に悩んだら、ぜひお試しを。


ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
クリックしてくださいね。
posted by かんさん at 05:53 | Comment(11) | TrackBack(0) | 主婦的考察:英語
2006年05月26日

アメリカのかわい切手/絵本で英語学習

ここ2、3日ほんとに気持ちのいいお天気になりました。
先週は曇りの肌寒いお天気が続いたので、ほんとにきもちいい〜。
こういいお天気だと、自転車でおつかいだって鼻歌もの。
坂道だらけのサンクレメンテだとふとももパンパンになっちゃうんですけどね。

日本に送る荷物があったので、昨日は郵便局へ。
そこで、前々から欲しかったものを発見!


stamps.jpg



かわいい〜。

アメリカの絵本の動物キャラクターの切手。
カリフォルニア便りのfamily_foreverさんが紹介されていて、
ずっと気になっていたんです。
1月に普通郵便が37セントから39セントになったのに伴って発売されたもの。欲しいな〜。と思いつつ家には大量の37セント切手が余っていて買うチャンスを逃していたんですよねえ。

どれも有名な絵本のキャラクターです。
Meisyちゃんはうちの姪っ子が大好きで絵本やらおもちゃやら
たくさんもってたな〜。
oliviaもかわいいよね。

たいていのキャラクターには見覚えがあるんだけど、
読んだことのないものも。。。
相方もわたしも絵本が好きでよく借りて来て読むのですが、
案外メジャーどころを押さえていないようです。
裏には作品名や作者名、簡単な作品解説が書いてあるので、
読んだことない作品をこれでチェックしてみようかと思っています。


さてさて、読んだことのないもので気になるのは「Fox in socks」。



Dr. Seussの作品です。
Dr. Seussってアメリカに来るまではよく知らなかったのですが、
アメリカではめちゃめちゃメジャーな絵本作家で、
小学校では「Dr.Seuss」の日なんてものもあるらしいのです。
作品のキャラクターもいろんなところで見かけます。

名前だけは聞いたことあったけど読んだことなかったんですよ。
最近、相方がDr. Seussの「Green Egg and Ham」を借りて来てくれました。



映画「I am Sam」で主人公のサムのお気に入りの1冊。
映画で見たときは、「緑の卵」ってどんな話だよ?って思ってたんだけど、
読んでもらって納得。
ハチャメチャなんだけど、韻を踏んだリズミカルな文章がおもしろ〜い。
スピード感もあって読み聞かせしてもらって楽しい作品。
子供が好きなのもうなずけます。

切手のキャラクターの「Fox in socks」は早口言葉の本。
アメリカの子供はこういう絵本を読んで、
どんどん英語を習得していくんですね。

実は、絵本って大人の英語学習者にもぴったりなのかも、、、
と思っていたりします。
基本的な表現や単語が多いし、わからない言葉や表現も絵で推測できるし。
それにメジャーな絵本はスターウォーズ同様、フレーズやキャラクターが映画やドラマ、コメディなどで引用されていることも多いんですよね。

うちにはネイティブがいるので、読んでもらっていますが、
テープ付きの絵本でお子さんと一緒に絵本で英語学習なんて
楽しいかもしれませんね。

ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
ちょっぴり元気のないランキング。ただいま15位です。
クリックでもうちょっと盛り上げてやっていただけるとうれしいな。
今日もわすれずに、、、ポチッ↑
posted by かんさん at 07:07 | Comment(20) | TrackBack(0) | 主婦的考察:英語
2006年06月07日

Tounge Twisterに挑戦!☆Dr. Seussの絵本

この前紹介したアメリカのかわいい切手
おぼえていらっしゃいますか。
アメリカの絵本の動物キャラクターをモチーフにした切手です。
おなじみのキャラクターがほとんどなのですが、
中には読んだことのない絵本も。

その中で気になっていたのが、Fox in socks。
Dr.Seussの本です。





相方に「読みたいな〜。」とリクエストしていたのですが、
昨日、借りて来てくれました。

foxinsocks1.jpg


こんなにたくさん。
全部Dr.Seussの絵本です。
生涯に44冊の著書を残したそうですから、まだまだその一部。
昨日からとっかえひっかえ読んでもらってます。

自力で読んでないのかって?
やっぱりDr. Seussはネイティブに読んでもらうに限ります。
韻を踏んだ言葉たちをリズミカルに読んでいくと、
この本のよさがきわだちます。

ではでは、ちょっと「Fox in socks」に挑戦してみませんか。
この本は早口言葉の本。
英語では「Tongue Twister」。


簡単なところから。

foxinsocks2.jpg

Knox in box.
Fox in socks.
Knox on fox
in socks in boxs.

(Knoxはキャラクターの名前)

あら、余裕よね〜。
なんて思っていると、こんなことに。

foxinsocks3.jpg

Socks on chicks
and chicks on fox.
Fox on clocks
on bricks and blocks
on Knox on box.



できました?
舌もつれる、、、ううう。

ではもうひとつ。
まずは簡単なところから。

foxinsocks4.jpg

New socks.
Two socks.
Whoes socks?
Sue's Socks.



余裕です。
でもね、やっぱりこんなことに。

foxinsocks5.jpg

Sue sews rose
on Slow Joe Crow's clothes.
Fox sews hose
on Slow Joe Crow's Nose.

Hose goes.
Rose grows.
Nose hose goes some.
Crow's rose grows some.




途中で「ムキッー!」ってなりませんか。
こんなふうに、いやがるKnoxに
Fox in socksが早口言葉をどんどんしかけていく絵本です。

サブタイトルに、「A Tongue Twister for Super Children」と書いてあるとおり、うちの相方も途中へろへろになったりして。
これが最初からすらすら言えたら、確かにSuper Childrenかも。

リズミカルに韻を踏んでいる文章は、聞いていてほんとに楽しいです。
韻を踏んだはちゃめちゃな文章がイラストになっているのもとってもおもしろい。Green Ham and Egg もそうですが、単語数を少なく、リズミカルに韻を踏んだ文章ですすんでいくのはDr. Seussのお得意のスタイル。



さてさて、Dr.Seussの絵本には映画化されたものも。

grinch.jpg

「How The Grinch Stole Chiristmas!」
2000年にジム・キャリー主演で映画化
1966年にすでにアニメ化されていて、
アメリカのクリスマスアニメの定番だったんだとか。
相方はクリスマスというとこのアニメを思い出すんだって。

catinthehat.jpg

「THE CAT IN THE HAT」
上の写真は続編の「THE CAT IN THE HAT COMES BACK」です。
2002年に、マイク・マイヤーズとダコタ・ハニングの主演で映画化。
邦題は「ハットしてキャット」、、、(べたな名前。)

半世紀もたって映画化されるなんてやっぱりDr. Seussってすごいんだな。
英語のお勉強にもぴったり。
まだまだ読んでない著作がたくさんあるので、当分Dr. Seussで楽しめそうです。

ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
今日も11位。
いつもクリックありがとうございます。
今日も忘れずにぽちっとしていってくださいね。
posted by かんさん at 06:25 | Comment(17) | TrackBack(0) | 主婦的考察:英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。