2005年09月26日

ケーキ屋さん発見!

ハンティントンライブラリーに向かう途中のこと。

ちゃんと道をチェックして来たのに、曲がるべき通りが見つからない、、、
何度も同じ通りを行ったり来たり。
そして相方一言。
「もうトイレ我慢できない、、、」

あわてて、一番近くのコーヒーショップに駆け込みました。
そこで見たものは、

ケーキ!

ケーキ屋cake1.jpg

見てるだけで歯が痛くなりそうなアイシングケーキじゃなくって、
ピンクとか青とかのクリームで下の色が変わるんじゃないかと思うようなケーキじゃなくって、
サイズが以上にでかくて飾り気の全くないパンみたいなケーキじゃなくって、、、

ケーキ!

もちろん食べました。
本当はそんなにおなかすいてなかったんですけどね。
「Black Forest」っていうチョコレートケーキ
ケーキ屋cake2.jpg
感動のうまさ、、、とはいかなかったけど、日本のケーキ屋さんで「おいしいねえ」っていただけるおいしさ。とでも言っておきましょうか。
でも、渡米後初めてのケーキ。しみじみいただきました。

お店の名前は「Vanille de patisserie」
お値段は1個$3.5。コーヒーが$2.5。
午後2時から8時まではケーキバイキングもあるそうです。
1人$8.99で、3人で行くと1人無料。

清潔感のある店内なんですが、インテリアに改良の余地かなり有りですねえ。
BGMも、なぜか中東系のよくわかんない音楽だったりして。
台湾系のお店らしいので、フレンチっぽくなりきれないのでしょうか。

でも、またハンティントンライブラリーに来たときには、必ず立ち寄りたいお店です。
相方に感謝!ケーキショップ:Vanille de patisserieの情報
posted by かんさん at 10:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 主婦的考察:食べ歩き
2006年02月04日

安くておいしい〜◎ベトナムサンドイッチ

昨日は朝からいいお天気のお出かけ日和。
ブログを通じてお友達になった先輩O.C.主婦の佳子さんに、
ベトナムサンドイッチを食べに連れて行ってもらいました。

ベトナムサンドイッチってご存知ですか?
きっとベトナムに行ったことがある人ならご存知なんでしょうね。
わたしはベトナム料理と言えばPHOくらいしか知りませんでした。
安くておいしいのよ〜。
という佳子さんの言葉に前々から気になってしょうがなかったんですよね。

ベトナムサンドイッチvietonamsandwich1.jpg

これがベトナムサンドイッチ

二つオーダーして半分ずついただきました。
見えているのは半分サイズです。

ベトナムサンドイッチvietonamsandwich2.jpg

フレンチのバゲットにはさまれているのは、
大根、人参、タマネギなどのお野菜とチキン、ポークなどのお肉、
そして、ハラペーニョとコリアンダーです。
大根と人参がちょっと甘酸っぱくって「なます?」
ってなふしぎな味わいなんですが、

これがおいしいのっ!

写真は半分なんで小さいですけど、1本のバゲットが10インチ。
てことは25センチですよっ。

それなのにお値段は 1本$1.95!

安いね〜。
って感心していたのですが、
ベトナムサンドイッチ歴のながい佳子さんによると、
最近土地の値上がりとともにベトナムサンドイッチの値段も上昇したとか。

vietonamcoffee.jpg

一緒にいただくのはベトナムコーヒー。
これはわたしも大好き。コンデンスミルク入りの濃い〜、独特のコーヒーです。
こちらも$1.95なり。

バゲット25センチ〜って考えるとすごくおっきい気がするんですけど、
おいしくて不思議とぺろっと食べられます。
この満足感で$4ですんじゃうなんて、素敵でしょ。

さてさて、なんでカリフォルニアでベトナム?っていうとね。
カリフォルニアはたくさんの移民が住んでいるところ。
オレンジカウンティのWestminsterというところに、
ベトナムからの移民がたくさんすんでいる
リトルサイゴンと呼ばれる場所があるんです。
住んでる人もお店も、、、ここはどこ?
ってな場所ですよ。

だってだってね。
横断歩道を渡ってるおばあさんをふと見ると、
あの三角の帽子かぶってるんですよ。
そうそう、あの田植えとかのときにかぶりたくなるようなやつですよ。
一緒に歩いてるおじいさんだってね、
昔のサラリーマンがかぶってたようなレトロな帽子かぶってるんですよ。
(もちろん、若者はふつうのかっこしてます。)
信号待ちしてると、僧侶みたいなおじいちゃんに声かけられるんですよ。

ってことで、ベトナム系のスーパーやらモールやらおすすめケーキショップやら
いろいろ連れ回してもらいました。
まだまだおもしろそうなところがたくさんありそうだったので、
今度は相方を連れてゆっくりリサーチしてこようと思います。

それにしてもこうしたアジア系のコミュニティって、
食べ物にしてもお店にしてもとても安いです。
それに珍しい食材がたくさん。
カリフォルニアってアメリカでありながら、
こうしたいろんな国の文化に触れる機会がある場所。
もっといろいろ開拓していきたいです。

さすがO.C.歴4年の佳子さんは情報満載。
なんたってこちらで出産もして、ただいま1歳の息子さんのママですから。
ネタがつきません。っていうかほとんどメモとりそこねました。
お友達をどんどん作って
アクティブにカリフォルニアライフを楽しんでらっしゃるみたいです。
これからも、いろいろお世話になろうとたくらんでます。
(よろしくお願いしますっ。)


ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
クリックしていってくださいね。
posted by かんさん at 02:42 | Comment(30) | TrackBack(0) | 主婦的考察:食べ歩き
2006年02月20日

べトナムビーフシチューの本名は?

また行ってきちゃいました。
リトルサイゴン

近くまで来たので、せっかくなら、ベトナム料理!
ということで、挑戦したのは?

ベトナムビーフシチュー

ベトナムビーフシチューbeefstew1.jpg

O.C.先輩主婦の佳子さんおすすめの一品です。

ビーフシチューといっても、
もちろんいわゆるビーフシチューとは全く違う味わい。
アジアンな感じの香辛料が利いています。
ベトナムスタイルとヨーロッパスタイルがあります。

ベトナムビーフシチューbeefstew2.jpg

こちらはベトナムスタイル。
お肉はすこしホルモン系も入っている感じ。
コリアンダーとハラペーニョがきいてます。

ベトナムビーフシチューbeefstew3.jpg

こちらはヨーロピアンスタイル。
マッシュルームとポテトもヨーロピアンな感じ?
でも、粒の黒こしょうがそのまま入っていて、結構パンチがある味。

バゲットとビーフシチューのセットでたったの$6なり。
しかもね。このバゲットがめちゃうま!

そのままでもおいしい〜。
外はぱりぱり、中はふわふわ。
目がまんまるになるくらい。
おいしかった〜。

でもね、これをシチューにつけて食べるのがベトナムスタイルみたいです。
(何てったってスプーンがついてこなかったから。)

ベトナムコーヒー$1.5をつけても、ふたりでたったの$15ほど。
ほんと、大満足ですよ。
お店の情報は後ほどO.C. Shop & Restaurant Directoryのほうに
アップしますので、しばらくお待ちください。

いやいや、ベトナム料理。
なかなか奥が深そうです。
まだまだリトルサイゴン探検する価値がありそう。

さてさて、このベトナムビーフシチュー。
実は本名がよくわかりません。

というのも、お店のメニューは全部ベトナム語。
何が書いてあるかさっぱり分かんないんですよ。
だから、佳子さんに教えてもらった通りに、
”Beef Stew, Vietnamese Style and Europian Style, one each.”
ってオーダーしました。

本当はなんていう名前なんでしょう。
本名知りたい。。。
どなたかご存知でしたら、↓コメントください。



ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
クリックしてくださいね。
posted by かんさん at 13:12 | Comment(21) | TrackBack(0) | 主婦的考察:食べ歩き
2006年04月19日

ロシア探訪 in 南カリフォルニア

最近朝がつらいです。
しばらく前までは6時くらいに起こされていたのに、
気がついたら5時半くらいに起こされるようになりました(早すぎ?)。
せめて、朝もっと明るくなってくれないかな。
起きるとき、まだ暗いんだもん。


さて、こちら。
ちょっとまえ、日系スーパーMARUKAIへの買い出し帰りにみつけたお店。

moscowdeli1.jpg

MOSCOW DELI

気になるネーミングと風貌じゃありませんか。
ちょっとのぞいてみたくなりませんか。
ふらふら〜と入ってみると、やっぱり、




ロシア

moscowdeli2.jpg moscowdeli3.jpg

ロシアの食材がたくさん。謎の魚発見。
キャビアなんかも置いてあります。

moscowdeli4.jpg

お店のお姉さんもロシアンだし、お姉さんの後ろには、、、

moscowdeli5.jpg



マトリョーシカ


こういうお店ってなんだか無意味にわくわくする。
そんでもって、このお店、テーブル席が3席あって、
ボルシチとかピロシキとかが食べられる。
ロシア食材店のボルシチなんておいしそ〜。

って思っていたら、OC日誌でこちらのお店で食べられるボルシチのことが
紹介されていました。
気になる、気になる。
ちょっと、出かけるついでもあったので、土曜日に食べてきましたよ。



moscowdeli6.jpg moscowdeli8.jpg

ボルシチ(左)とピロシキ(右)。

ボルシチの赤い色はビーツとよばれるもの。
野菜がたっぷり入って、ほんのり甘みのあるスープがおいしい。
サワークリームが濃厚でまたスープにぴったり。
ピロシキは、お肉が入りのものと野菜入りものがありました。
どちらも素朴な味わいです。

moscowdeli7.jpg

こちらは、相方が好きなピリメニ。
ロシアの水餃子です。
スープに入っているスタイルが多いですけど、
こちらのピリメニはスープなしでサワークリームをつけていただきます。
あつあつ、ジューシーでおいしい。


ロシアの食材もいろいろ気になったのですが、
ちょっと勇気がなかったので、
お店の奥で量り売りをしていたチョコレートを買ってみました。

moscowdeli10.jpg

その瞳はなにを訴えようとしているのか。。。
とってもロシアンなパッケージ。
お味は、、、いろいろ。
激甘あり、まあまあおいしいのもあり。。。
(チョコはやっぱスイスですかね。)

チョコはさておき、キャビアなんか買う予定があったらのぞいてみる価値あり?
お店の人もお客さんもみんなロシアン。
プチロシア旅行ができますよ。

お店の情報はO.C. Shop & Restaurant Directoryにもアップしました。
MARUKAIへのお買い物の帰りによってみるといいかも。


*おまけ*

moscowdeli11.jpg

お店で売ってあったチョコレートのパッケージがマイケル・ジャクソンに見えてしかたないのは、わたしだけでしょうか。

ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
ボルシチをオーダーするときは「ボーシュ」といいましょう。
「ボルシチ」だと通じないよ〜。「ー」の部分は巻き舌でね。
13位なんてところにいます。今日もクリックありがとうございます。
posted by かんさん at 06:36 | Comment(20) | TrackBack(0) | 主婦的考察:食べ歩き
2006年05月18日

日本がルーツ?!フィリピンデザート☆ハロハロに挑戦

最近ほんとお天気がヘン。
ほぼ曇りでひるまときどき日が射す程度。
これじゃ「World’s Best Climate」「年間342日晴れ」なんて看板に偽りありじゃないの〜。
早くお日様が顔を出してほしいものです。


さてさて、昨日、フィリピン系スーパーのことを書いたのですが、
こうしたアジア系のスーパーってだいたいそのコミュニティの中心にあったりするんですよねえ。
大きな韓国スーパーの周辺には韓国系の小売店、
中国系のスーパーの周りには中国系。
ショッピングプラザ全体がそのお国柄に染まっていたりします。
おもしろいよね。

ここのスーパーももちろん、まわりには「Manila」なんて名前のレストランが。
日系スーパーの近くに「Tokyo」ってレストランを発見するようなもの?
せっかくなので相方おすすめのフィリピン系ケーキ屋に立ち寄ってみました。


haroharo4.jpg

Red Ribbon



フィリピン系アメリカ人もおすすめのケーキ屋さんなんだって。
アメリカのケーキのように甘過ぎず、さっぱりとしていておいしいらしい。
確かにかなりはやっている様子。
でもねえ、見た目的には、、、

haroharo6.jpg haroharo8.jpg


あんまりそそられない。。。
ケーキな気分じゃないしな〜、ケーキは自分で作ればいいし。。。
ってことで、こんなものをオーダーしました。



haroharo1.jpg


ハロハロ



haroharo3.jpg haroharo2.jpg

一番上にはマンゴーアイス。紫色のはウベ芋(紫芋)のパウダー。
真ん中にはよく見えないけどぎゅうぎゅう詰めされたかき氷。
一番下にはあんこやらマメやらゼリーやら、ココナッツやら。

これを、ぐちゃぐちゃかき混ぜて食べるらしい。
あ、あんまりぐちゃぐちゃ嫌いなんだけど。。。
相方が有無をいわさず、かき混ぜる。

ほほ〜。お味はなかなかおいしいですよ。
アイスの濃厚さがかき氷で緩和されてちょうどいい。
そこに入っているマメは小豆やらインゲン豆やら、甘く煮てあるみたい。
全体的にはちょっと甘ったるかったかな〜。

考えてみると「ハロハロ」ってどっかで聞いたことあるような。
そう、ミニストップのデザートですよ。
家に帰ってからミニストップのウェブをチェックしてみると、あったあった。

「南国フィリピン語で“混ぜこぜ”という意味のデザートをミニストップ流にアレンジした季節限定のオリジナルデザート」らしい。
へ〜。名前は聞いたことあったけど食べたことなかったよ。
なかなかおいしそう。


気になって「ハロハロ」も調べてみました。
すると驚いたことに、なんとルーツは、、、日本!

参考ウェブはこちら。
ー↑ウェブから引用ー
フィリピンの代表的なデザートに「ハロハロ」と呼ばれる、かき氷風のデザートがあります。実はこのハロハロ、ルーツは日本。
明治時代に日本から多くの出稼ぎ労働者が渡ったフィリピンでは、現在も日本の食文化の影響が見られます。ハロハロもその1つで、フィリピンに渡った日本人が売り歩いたかき氷がもとになっています。
でも、大きく違うところは、あんみつの上にかき氷、そして果実、蜜豆、ナタデココ、ウベ芋のあんこ、アイスクリーム等が添えられているところ。食べる時はこれをよくハロハロ(かき混ぜ)します。
ー引用以上ー

「ハロハロ」っていうのは「かき混ぜる」っていう意味の
フィリピン語だったんですねえ。
日本がルーツのフィリピンデザートをアメリカで食べる。
日本がルーツのフィリピンデザートが日本のコンビニで売られる。
なんか食文化の広がりっておもしろいよね。

それにしても、「ハロハロ」って、
日本語で言うと「まぜまぜ」みたいなもんでしょうか。
なんだか、響きがかわいいね。

ブログランキングに参加中ひらめき人気blogランキングへ
ただいま12位につけています。
いつも応援ありがとうございます。
今日もぷちっとクリックしていってくださるととってもうれしい☆
posted by かんさん at 01:40 | Comment(14) | TrackBack(0) | 主婦的考察:食べ歩き

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。