2007年09月05日

英語の妊娠書☆Your Pregnancy week by week

◎クリックで応援→banner_02.gif


[pregnancybook1.jpg

たくさんのおめでとうコメント、メールありがとうございました!
(お返事が遅れててごめんなさい。)
お返事しなきゃ〜と思いつつ、またPCから遠ざかっていた週末。
きましたよ。ついに、

つわり

「うっ」っと口を押さえて、、、な〜んてドラマみたいなやつじゃないんですけどね。
車酔いか船酔いみたいな感じ。
胸がムカムカ、ちょっぴりフラフラ、唾液がダラダラ、、、
そんでもってあくびの連続。
妊娠の本に書いてある通りの症状が一通り。
お腹がすくとひどくなるというのも本に書いてある通りで、食べると楽になるんだよ。
本で読んだ知識を体で体感する日々です。
そうそう、歌を歌うとかなり気がまぎれるので、邦楽のCDをかけて絶唱したりしてるかも。
今日はひさしぶりに朝から快調なので、こうしてブログ更新中です。


さてさて、つわりの合間を見つけてはついつい手に取ってしまうのはやっぱり妊娠書。
サンクレメンテの先輩ママのRちゃんが、たくさん妊娠書を貸してくれたので、毎日ちょっとずつチェックしています。

日本語の妊娠書は私も日本から持って来て持っていたのですが、なんと英語の本も貸してくれたんですよ。

↑あの本。

Your Pregnancy week by week

赤ちゃんの大きさ、成長の様子、お母さんの体の状態、栄養管理、気をつけるべきこと等々、、、
名前の通り一週間ごとに分かりやすく項目立てで書かれています。
自分の週のところだけをチェックすれば、必要なことが書いてあるからとっても読みやすいかな。


pregnancybook2.jpg

赤ちゃんが今どんな状態なのか絵で確認することができます。
右上の方にちっちゃく書いてあるのが実際のサイズ。
わたしのお腹の赤ちゃんはまだ1.5センチ〜2センチくらい。
ちっちゃいね。
イラストをみるとお腹の中のことが想像できてとっても楽しい。


もう一冊はこちら。

pregnancybook3.jpg

WHAT TO EXPECT WHEN YOU'RE EXPECTING


この本は、家の相方も知っていたくらい有名な本で、アメリカの妊娠書の定番だそうです。
Rちゃんによると、「お医者さんに言われることが書いてあるから勉強になるよ。」
とのこと。
う〜ん。でも文字が多すぎ。
この本はぼちぼち読むことにします。


英語の妊娠書なんて自分では買おうとも思わなかったのですが、英語の本だと相方にも読んでもらえるのでとっても便利。
1冊目のYour Pregnancy week by weekは相方も気に入っていてパラパラとめくってみています。
Rちゃんありがとう。
しっかりお勉強します。

ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
ランキングいつもクリックありがとうございます!

つわり克服エピソードなどなどコメントいただけるとうれしいです!
posted by かんさん at 03:52 | Comment(51) | TrackBack(0) | 主婦的考察:妊娠
2007年09月11日

今度こそ蝶になる!?☆Monarch Butterfly

◎クリックで応援→banner_02.gif


morninggroly.jpg

つわりのアドバイスたくさんありがとうございました!
reikoさん、PasleyさんおすすめのSEABANDも早速注文しましたよ。
チョコラBBもぜひぜひ試してみます。
ほかにもいろんなアドバイスありがとうございました。

みなさんのアドバイスのおかげで調子がいいんですよ〜
なんて、いいたいところですがかなりつらいことになってました。
昨日の夜はじめて吐いちゃったんですよ。
いままで「うえ〜」ってなることはあっても中身はでなかったんですけどね。
どうやら昨日の夜食べたものが体に合わなかったらしくって、2度ほど。
このところ、たいした病気もしなかったので吐くのなんて久しぶり。
真夜中の真っ暗なトイレで便器を抱えながら「吐くのってつらいのね〜」
なんて実感してました(笑)。



さてさて、朝晩涼しくなって来たサンクレメンテですが、お庭のお花はまだまだ元気。
庭をいじっているとつわりつらさがまぎれるのでしょっちゅう庭をのぞいています。
庭いじりと言えば、ヨトウガとかシャクトリムシと戦う日々が続いていたのですが、最近ではちょっとうれしいお客さんも。

Monarch Butterfly(オオカバマダラ)

monarch3sm.jpg


といっても、うちのお庭のお客様はその幼虫。

monarchbutterfly1.jpg

庭の端っこに生えているMilkweedのはっぱをせっせと食べていました。
Monarch Butterflyはアメリカでは一般的な蝶なんだそうです。
食草のMilkweedは自然にたくさん生えているみたいですが、うちのまわりでみかけたことはなく、わが家の庭だけ。
そのためか、毎年卵を産みつけにやってきます。

今年はなんと幼虫が10匹。
最初のうちはよかったのですが、最後は餌のうばいあいになってしまいました。
かわいそうだったので、食草のMilkweedをお花屋さんや園芸店で探してみたのですが、もちろんみつからず。

milkweed.jpg


最終的には餌のMilkweedはまるはだか。
餌がなくなってしまって、幼虫も一匹、また一匹といなくなってしまいました。

うちのまわりにはMilkweedなんか生えてないし、みんな蛹になれずに死んじゃったんじゃないかな〜、、、、なんて心配してたんですけどね。
見つけたんですよ〜。

monarchbutterfly7.jpg


↑わかりますか〜。蛹です。
昨日見つけたときはまだ幼虫の姿だったんですけど、今朝見に行ったらこんな形に。
こんなふうに変わっちゃうなんてすごーく不思議。
他の幼虫達もどこかで蛹になってたらいいな〜。
いつ蝶になるのか今からとっても楽しみです。



ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
ランキングいつもクリックありがとうございます!

引き続き、つわりアドバイスを募集中。
つわりのときでも大丈夫な献立アイデアなんかがあったらぜひぜひ教えてください!
posted by かんさん at 00:49 | Comment(42) | TrackBack(0) | 主婦的考察:ガーデニング
2007年09月21日

興味津々。。。胎内記憶って?

◎クリックで応援→banner_02.gif

umarerumaekarano.jpg

まったり更新ペースが妊娠を機にさらにまったりになってしまって。
お久しぶりです。こんにちは。
更新がないからさぞかしつわりがひどいのでは、、、なんてことありません。
調子のいい日は調子がいいし、悪い日はとことん悪いし。
自分の体なのになんだかとっても不思議。
おもしろいことに相方がお休みでうちにいるときの方が具合が悪かったりします。
甘えちゃってるのかな〜。


さてさて、みなさん、、、


胎内記憶



って聞いたことがありますか?
赤ちゃんがお腹の中にいるときの記憶。
胎教のことをちょっと勉強してみたくてアマゾンを検索していて、胎内記憶という言葉に出会って興味津々。
実家の母に頼んで荷物と一緒に送ってもらいました。

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと
池川 明

学陽書房 2006-03
売り上げランキング : 48186
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は産婦人科の先生によって書かれた本です。
3500人以上を対象にした胎内記憶、誕生記憶のアンケートと、産婦人科医としての経験をもとに書かれています。

アンケートでは胎内記憶があった子供は33%。
お腹の中の様子を、
「おふろみたいだったよ。」
「ママの声が良く聞こえたよ。」
お腹の中から外を見ていた。と話す子供もいるそうです。

そして、胎児になる前の記憶も。
生まれてくる前はどこにいたのか、どうして生まれてくることにしたのか、親をどうやって選んだのか。といったことを話す子供たちも。
「パパとママを選んだんだよ。ずっと待ってたんだよ。」
「ぼくね、雲の上にいてね、あーあそこの家がとってもいいな、行きたいなって思ってたんだよ。」

子供達の語るエピソードをもとに、産婦人科医としての経験をふまえて書かれていて、
お産について、子育てについて、命について深く考えることができる本です。

子供が親を選ぶのにはちゃんと理由があるそうです。
親を助けるためだったり、親に大切なことに気がついてもらうためだったり。
流産や死産にもちゃんと目的があって、子供達はその運命も受け入れた上で親を選んでいるのだとか。


お母さんをえらぶ赤ちゃん 〜ママ、またボクを生んでくれる?〜お母さんをえらぶ赤ちゃん 〜ママ、またボクを生んでくれる?〜
ジョナサン・ケイナー 竹内 克明

説話社 2004-01-21
売り上げランキング : 2103
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そして、もう一冊。
こちらは、胎内記憶、生前記憶のエピソードをまとめた本です。
イギリスの占星術師のジョナサン・ケイナーのサイトに寄せられたたくさんのエピソードを紹介しています。
ひとつひとつのエピソードが子供達から話を聞いたお母さんや、生前記憶を持つ本人によって丁寧に書かれているので、じっくり読んでみるのにとってもいいかも。
ここに書かれている内容も先ほどの「生まれる前からの子育て」同様、
「子供達が親を選んで生まれてきた」という内容です。
天国のこと、神様のことを話した子供達のエピソードもあって、かなりスピリチュアルな内容の本になっています。
海外のエピソードと、日本のエピソードが半々くらいなのですが、やっぱり共通点がたくさんあるんですよね〜。



こうした本は胎内記憶や生前記憶を証明するための本ではないのですが、子供達が語る内容はとてもピュアで、「きっとそうなんじゃないかな〜」と思わせてくれます。

この2冊を読みながら、ずーっと、涙目だったのですが、読み終わって号泣。
ああ、お腹の赤ちゃんも私達を選んでくれたのか〜。
ありがとう〜〜〜。うちに来てくれて〜〜〜。
って、お腹抱えて泣きました。
お腹の赤ちゃんがさらに愛おしくなります。

普通に生活しているとついついお腹の赤ちゃんのことを忘れてしまいがちなのですが、この本を読んでから、毎日できるだけ赤ちゃんに話しかけることにしました。
なんだかばかげている気もするけど、「親を選んだ」魂がお腹に宿っているとしたら、目が見えようが見えまいが、耳が聞こえようが聞こえまいがやっぱりそれは一人の人なわけで、、、一日中放っておかれたらさみしいだろうし。

それから、もうひとつ。
「お腹の中のこと覚えててね。生まれてくる前のことも覚えてて、ママに教えてね。」
と話してます。
胎内記憶を話し始めるのはだいたい2歳から3歳くらい。
6歳以上になると忘れてしまうことが多いようです。
うちは、3年後ですかね〜。話してくれるかな〜。

みなさんのお子さんはどうですか。
お風呂の中や、お布団の中のような気持のいい場所で話してくれることが多いそうですよ。
もしも、「うちの子がこんなこと話したよ〜」なんてエピソードがありましたら、

ぜひぜひコメントを!


ひらめきランキングに参加中banner_02.gif←ここをクリック!
ランキングいつもクリックありがとうございます!

わたしも生まれる前に両親を選んでこの世に生まれたのか〜。
としみじみ考えてみました。
不思議ですね〜。
posted by かんさん at 05:46 | Comment(41) | TrackBack(0) | 主婦的考察:妊娠

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。